【2019年11月,全国統一小学生テスト,1年生】テスト準備~本番~結果

全国統一小学生テスト-1年生-秋

こんにちは、ひかりんパパです。

11月3日文化の日、ひかりんが「全国統一小学生テスト」を受験しました。

初参加した前回(2019年6月)の「全国統一小学生テスト」では、小学校受験失敗組と思われる騒がしい男の子に囲まれ実力を発揮できませんでした

ひかりんが時間いっぱい(30分)取り組んでも終わらないテストを、10分程度で回答を書き終える男の子にショックを受けていました。また、事前課題で確認していたとはいえ、問題用紙と回答用紙が分かれているテスト形式も未経験です。問題の答えをどこに書けばいいのか?、次の問題がどこあるのか?を探すことにも少し苦労していました。

関連記事>>>全国統一小学生テストを終えたひかりんの様子

前回の反省を踏まえ、全国統一小学生テストに参加した模様をご案内します。

この記事はこんな人におすすめ
全国統一小学生テストを子供に受けさせたいと思っている人
特別な勉強を行っていないので、全国統一小学生テストを受験させることに不安な人

1.【2019年11月,全国統一小学生テスト,1年生】テスト結果

全国統一小学生テスト-201911-結果

国語は偏差値40台、算数は偏差値50台、2科目合計で半分より少し前です。

1-1.国語結果

前回同様、偏差値40台ではあるものの、約5%程順位を上げました

約9,700人中7,000番台の順位から、約13,600人中、9,000番台へ順位を上げました。ただ、前回、早稲田アカデミーの某校長先生にご指導いただいた内容は今ひとつ実践できていません

関連記事>>>ひかりんパパの教育上の迷い

オススメされたドリルを買い、読み聞かせを行ってはいます。一緒に取り組めるのは週末に1時間程度しかありません。ひかりんは漢字ドリルに一人で取り組むなど、努力してくれました。

多くの問題が出題される全国統一小学生テスト、最後の長文問題に手つかずでもこれだけの点数を取ったことを素直に褒めたいと思います。

また、家庭での国語教育に限界を感じて、11月下旬から花まる学習会に通わせています

他力本願ではありますが、今後も国語の成績が向上してくれることを祈ります。

関連記事>>>【花まる学習会】国語の家庭教育に限界を感じて、体験授業に参加

1-2.算数結果

ひかりんは頑張りました。

前回の偏差値40台から、50台へと大きく躍進しました。詳細な偏差値はマスクしていますが、もう1問正解していれば偏差値60台になるほどの成績です。約9,700人中6,000番台の順位から、約13,600人中、1,000番台へ順位を上げました。

間違った問題は3問だけです

そのうち2問は正解率が一桁%しかありませんので、正解を求めるのは酷だと思います。もう1問は正解率30%の問題でしたので、こちらは一緒に復習して次回は正解できるように指導しました。

ひかりんは頑張りました

夏休みからコツコツ取り組んだ成果が出たのだと思います。使った教材はうんこドリルと、ひかりんパパお手製の百ます計算です。

うんこドリルは、ポイントポイントで挟まれるうんこネタに爆笑しながら少しずつ取り組みました。ひかりんママは、ひかりんがうんこネタで爆笑する度にしかめっ面です。また、百ます計算は気分が乗った時だけ取り組んでくれます。強制して身になるとは思いませんので、少しづつ取り組み日々の学習習慣になってくれればと思っています。

2.全国統一小学生テスト、小学1年生のスケジュール

テスト時間は13:30〜15:00、この間に国語30分、算数30分のテストを行います。

もちろん子供だけで受験します。その後、15:30〜16:00にテスト内容の解説、こちらは保護者も同席可能です。

前回の反省を踏まえて、早めに会場に到着しました

全国統一小学生テストでは、受付を済ませた子供から教室の前方に座る傾向があります。前回、時間ギリギリに到着したひかりんは後方の席になり、周りを騒がしい男の子に囲まれました。今回はそのようなことにならぬよう、ひかりんと相談して早めの時間に到着しました。

3.ひかりんの努力

冒頭ご案内の通り、前回の「全国統一小学生テスト」で、ひかりんは勉強のできる男の子の存在を知りました

学校の宿題への意識は低いのですが、算数ドリルには継続的に取り組みました。ただ、国語には苦手意識があるようです。国語では、答えが正しいのか間違っているのがはっきりわからない点がひかりんは気に入らないようです。国語のドリルは、アイスクリームのご褒美で釣って、少しずつ取り組ませています。

関連記事>>>「学力」の経済学 中室牧子著に学ぶ、ニンジン(おやつ)大作戦で勉強習慣をつける

「全国統一小学生テスト」に先立ち、早稲田アカデミーから送られてきた事前教材に取り組みました。

前回の「全国統一小学生テスト」の点数と比べると、算数で30点、国語で10点アップしています。もちろん、同じ難易度の問題と言うわけではありませんが、ドリルに取り組んだ成果が出ているのだと思います。変わらず図形問題を苦手にしているので、ひかりんパパお手製のツールで理解を深めてもらいます

全国統一小学生テスト-201911-1年生-事前課題-図形

4.全国統一小学生テストを終えたひかりんの様子

前回のように疲れ切った様子ではありませんでした。

算数、国語とも最終問題までたどり着いたことで自信を深めているようです。「難しかった?」と聞くと、「う〜ん、まあまあ」とのこと。

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

全国統一小学生テストの難易度は高いです

半分程度は平易な問題が占めます。学校でしっかり学習していれば、半分程度は正解できると思います。そして、残り半分は「できる子供をランキングする問題」の性質を帯びています

テストの帰り道、前回と同様に頑張ったひかりんにおやつを買ってあげました。

今後も全国統一小学生テストを受験する予定です。その経緯や、結果もこのブログでご紹介予定です。

関連記事>>>全国統一小学生テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です