中間市にあるソフトでボキボキしない優しい施術の整体院

お気に入りに追加

喜びの声 限定割引 症状別ページ
営業時間

平日  10:00~19:00

土・祝 10:00~16:00

定休日

木・日

(前日迄の予約で施術可)

※セミナー等で出来ない日も御座います。

所在地

〒809-0030

福岡県中間市中央1-2-3

筑豊電鉄 筑豊中間駅より徒歩7分

電話番号

093-243-5888

立坂 満

明光療整院ブログ

症状別ページ

帯状疱疹の痛み・四肢の異常に関する中間市整体ひかり療整院考察

 帯状疱疹は、水痘に罹患した時ウイルスが神経細胞内に潜伏し、身体の免疫機能が
低下した時・ストレス・ウイルスの再進入時に潜伏ウイルスが活性化し、脊髄神経を経て皮膚に到着し、発症すると考えられています。Fotolia_33205381_XS.jpgのサムネイル画像


小水疱が群生し、びらん、潰瘍面を作りますが3週間程度の経過で治癒します。その予後については、神経性疼痛は皮疹の消失と共に軽快することも多いが、時に数か月・数年に及ぶこともあり、
帯状疱疹が腕・脚に発生した場合脱力感等の症状が消えず、日常の生活に困難をきたす場合もあります。


整体ひかり療整院で扱った例としては皮疹はかなり治っているに近いが
左脚の脱力感であまり歩けない、転倒する、重症時は立つことが出来ない。という重い症状の方で、体全体の検査では首・肩・背中・腰部に異常な筋緊張が見られました。


おそらくこの緊張による血管圧迫での全身的な血液の循環不全、それによる体力低下・免疫力低下により帯状疱疹が発症したのではないかと推察しました。既に神経性疼痛はほぼ消失していましたが、左脚の脱力感が取れず歩行困難を訴えて来られました。


大腿下腿の筋は部分的に緊張の強い所が有り、臀筋周辺の筋が全体に悪かったのでこれを緩め又、股関節外旋変異を正常位にした上で立って頂くと、明らかに改善を感じて頂きました。
仮に疼痛が残っていても適切な処置で軽く出来ると感じました。