中間市にあるソフトでボキボキしない優しい施術の整体院

お気に入りに追加

喜びの声 限定割引 症状別ページ
営業時間

平日  10:00~19:00

土・祝 10:00~16:00

定休日

木・日

(前日迄の予約で施術可)

※セミナー等で出来ない日も御座います。

所在地

〒809-0030

福岡県中間市中央1-2-3

筑豊電鉄 筑豊中間駅より徒歩7分

電話番号

093-243-5888

立坂 満

明光療整院ブログ

症状別ページ

オスグッドシュラッターの中間市整体ひかり療整院的考察

オスグッドは医学的には10歳から15歳位までの男子に多く認められる。
脛骨粗面付近の疼痛を主訴とする疾患で、原因は脛骨粗面の骨端核にかかる牽引力
によると考えられる。


活発な発育期の男子に多いのは(女子も発症するが)この為で、運動時に症状が
増強する。 スポーツ選手に現れる頻度が非常に高い。


治療法としては、スポーツ等を中止し、安静にして痛みが収まるのを待つ。
保存療法やアイシングを治療として用いるのみで、積極的治療法はない。


という事ですが、ひかり療整院的にオスグッドを見た場合、同じスポーツをして
いるのに、オスグッドになる子とならない子の差は何かという事になります。


これは、個人差として体(筋肉)の硬さ、特に大腿及び下腿部筋肉の緊張度の違い
が原因として挙げられます。


運動をしていない状態でもこの筋肉の緊張だけで、脛骨粗面は引かれ続けているの
ですが、ジャンプ等の運動で更に筋肉を収縮させると、より強く引くことになり
その際に強い痛みが生じます。


重症のオスグッドの場合、脛骨粗面の疼痛が常に存在し、歩行も困難な状態に
なります。又、痛みの為姿勢がネコ背様になり、腹筋群が緊張し骨盤が後傾する
事により、大腿前部は益々緊張し、更に股関節の運動制限を生じ、腰背部まで
緊張して来ます。


オスグッドと通常の膝痛の状態は非常に共通するところが有り、腰背部の緊張・
股関節周辺筋・殿部から大腿・下腿迄の筋肉過緊張を取り去ることにより、
脛骨粗面にかかる引っ張りがなくなる為、痛みは改善されます。


筋肉をストレッチで伸ばす方法もありますが、痛みが常に有る状態でのストレッチ
は脛骨粗面をさらに引くことになり悪化する場合があります。


アイシングは血行不良を起こし、筋肉が緊張してこれも悪化する場合が有ります。
どちらも一時的に痛みを抑えるものでしか有りません。


オスグッドも早期の対策が必要です。