中間市にあるソフトでボキボキしない優しい施術の整体院

お気に入りに追加

喜びの声 限定割引 症状別ページ
営業時間

平日  10:00~19:00

土・祝 10:00~16:00

定休日

木・日

(前日迄の予約で施術可)

※セミナー等で出来ない日も御座います。

所在地

〒809-0030

福岡県中間市中央1-2-3

筑豊電鉄 筑豊中間駅より徒歩7分

電話番号

093-243-5888

立坂 満

明光療整院ブログ

症状別ページ

腰痛について

腰痛とは運動時あるいは安静時に腰部に痛みを感じる症状の総称です。

その発生の原因は大きく分けて病的原因によるものと、病的原因は見られないが痛みの症状として現れるものに分けられます。

病的原因の腰痛

病的原因としては骨折、癌の転移等による腫瘍、真性のヘルニア(※)、真性の脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、剛直性脊椎炎等があります。

これらの病気は、病院による手術を含めた医学的治療による対処を必要とします。

※真性と書いたのは例えばヘルニアの場合、椎間板の髄核が大きく後方へ突出し明らかに神経を圧迫し、腰部~脚にかけて痛み、しびれを起こしている本質的な病気の、 という意味で有り、病院でヘルニアですと告げられた病名をそのまま指すのでは有りません。

病的原因ではない腰痛

一方、病的原因は見られないが痛みの症状として現れる腰痛の占める割合は、病的原因に起因する腰痛よりはるかに多いと言えます。

その中には先ほど述べた、病院でヘルニアですと告げられた病名という物も含まれます。

分かりやすく言えば病院の所見で軽度あるいは仮に中程度のヘルニアが確認された場合でも、そのヘルニアが腰痛の原因ではない場合が多い。つまり真性のヘルニアではないと言う事です。

ヘルニアはただ単にそこに存在しているというだけなので、この部位に手術を含むどのような医学的処置を施しても腰痛は改善されません。

この場合を含めた腰痛の原因の多くは関節部・筋肉の異常・体のアンバランスによる負担が腰部に集中して痛みを出す場合が多いと考えられます。

首、肩、背部筋の過緊張による骨盤への引っ張り、及び腰部から下肢の筋の過緊張による骨盤や股関節への引っ張りにより腰部に痛みが生じます。

一般的には前者の場合、立位で体幹の前傾姿勢が取りづらく、後者の場合後傾姿勢がとりづらい傾向があるようです(仙骨の動きの制限の可能性もあり絶対では有りません)。

腰痛は早期の施療が重要です!

前記のように腰痛は腰だけの問題でない場合も多いのですが、逆に腰痛の痛みを逃れる為に逃避姿勢として体のバランスを自ら崩す場合もあります。

いずれにしても初期の腰痛を、適切な改善策を取らずに長期間ほうって置くと全体的な体のアンバランスが固定されてしまう事もあり、症状の改善が非常に難しくなってしま います。

そこまで症状が進行する前、まだ首、肩・下肢の異常のレベル又は腰・腹部の問題のみの状態での施術は、容易でありかつ非常に有効と言えます。

早期施療の重要性、必要性がお分かりになれば幸いです。